2018年より銀行カードローンでの即日融資が不可能に!

 

2018年より銀行カードローンにて即日融資が不可能になりました。

 

急ぎでお金を借りたい方は、注意が必要です。

 

銀行カードローンの今後の申込みは、どのような流れになるのでしょうか?

 

そんな疑問を持つ方は次をご覧下さい。

 

即日融資が不可能になった理由

なぜ銀行カードローンで即日融資が不可能になったのか、それは警察庁のデータベース照会が必要になったからです。

 

反社会的組織の情報を持つ警察庁に協力して貰い、銀行カードローンから資金が流れるのを防止するために設けられました。

 

データベース照会から結果が出るまで、最短翌営業日から2週間ほどもかかるため、即日融資が不可能になったのです。

 

警察庁のデータベース照会の流れ

銀行カードローンに申込みすると、審査が開始されますが、この時に警察庁のデータベース照会が行われます。

 

具体的な警察庁のデータベース照会の流れは次の通りです。

 

まずは銀行支店→銀行本部→預金保険機構へと申込者の情報(氏名や住所など)が送られます。

 

申込者の情報を受け取った預金保険機構は、警察庁データベースへの照会をかけます。(一次照会)

 

照会の結果、データベースに載っていなければ、そのまま審査続行です。

 

もし、データベースに載っていた場合は、申込者の詳しい情報が預金保険機構に送られます。

 

その後は、預金保険機構が都道府県警察へ申込者の情報を送り、反社会的組織かどうかの照会を行います。(二次照会)

 

二次照会の結果が出次第、銀行に送って終了です。

 

一般の方は一次照会のみ

一次照会の結果は最短翌営業日に、二次照会の結果は数日から2週間ほどの期間がかかります。

 

一般の方は警察庁データベースに載ることは無いでしょうから、一次照会だけで済むことが多いです。

 

審査に合格次第、銀行カードローンから融資が受けられることでしょう。

 

まとめ

申込みから融資までの大まかな流れは次の通りです。

 

銀行カードローンへの申込み→仮審査通過→警察庁のデータベース照会(一次照会)→本審査通過→契約→融資

 

当日中にカードが発行されても、利用できるのは最短翌営業日のために注意しましょう。

 
このページの先頭へ戻る